【2019年春ドラマ】満足度ランキングトップ10

2019年4〜6月にかけて放送された春ドラマを面白かった・満足度が高かったという順にランキングにしてみました!

それぞれの特徴も簡単に評価していくので、「何か見返したいけどどのドラマがいいんだろう?」と思った時なんかの参考にしてもらえれば幸いです。




1位:あなたの番です

「あなたの番です」の評価
  • 平均視聴率:7.1%(〜10話・特別編放送時点)
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト:★★★★☆
  • 演技:★★★★☆
  • 総合満足度:93点

第1位は田中圭さん・原田知世さん主演の「あなたの番です」
2019年春から夏にかけて2クール連続放送が決まっていて、現在も放送中です。

第1章終了時点での平均視聴率は高くありませんが、中盤からじわじわと上がってきていて第2章での期待大。
先が全く読めない謎だらけのストーリーが魅力で、「あなたの番です考察」は今やちょっとした社会現象にまでなっています。

2位:インハンド

「インハンド 」の評価
  • 平均視聴率:9.2%
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト:★★★★☆
  • 演技:★★★★☆
  • 総合満足度:92点

1位に並ぶほど満足度が高かった「インハンド 」
山下智久さん・濱田岳さん・菜々緒さんのトリオが絶妙で、本格的なサイエンスミステリーもとても引き込まれました。

1話完結というスタイルも見やすく、毎回ハズレなく満足できたという点が高評価。
特にクライマックスの盛り上がりは各登場人物も引き立っていてとても印象的でした。

3位:わたし、定時で帰ります

「わたし、定時で帰ります」の評価
  • 平均視聴率:9.7%
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト:★★★★☆
  • 演技:★★★★☆
  • 総合満足度:87点

吉高由里子さんが「定時で帰る」がモットーの現代らしいヒロインを演じた「わたし、定時で帰ります」が3位。
仕事とプライベートの両立の難しさなど、コミカルな部分もありながらメッセージ性の強いストーリーが特徴的でした。

また登場人物一人一人の個性がわかりやすく、そしてバランスよく表現されていて、視聴者からも共感を得やすい演出。
個人的には憎ったらしいトラブルメーカーを演じたユースケ・サンタマリアさんが特に良い味を出していたと思います。

4位:ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜

「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」の評価
  • 平均視聴率:12.4%
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト:★★★★☆
  • 演技:★★★★☆
  • 総合満足度:85点

4位は視聴率も高くドラマとしての完成度も高いと感じた「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」
医療モノといえば医療モノですが、放射技師が主人公という変わった設定が新鮮でした。

主演の窪田正孝さんオドオドした性格で癖のある主人公を見事演じていましたし、周りのサブキャラも個性派・実力派ばかり。
遠藤憲一さん・山口紗弥加さん・広瀬アリスさんなど話題性の高いキャストも多かったですね。

5位:東京独身男子

「東京独身男子」の評価
  • 平均視聴率:3.9%
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト:★★★☆☆
  • 演技:★★★★★
  • 総合満足度:83点

個人的には深夜枠とは思えないほど面白かった「東京独身男子」
「あえて結婚しない男子=AK男子」というシュールなテーマでしたが、恋愛マンガに近いハラハラ感もあって毎回楽しませてくれました。

メインキャストは高橋一生さん・斉藤工さん・滝藤賢一さんと非常に豪華で、演技面に関してはゴールデン以上に安定していたと思います。
ベテラン俳優は少なかったものの、ヒロインたちもそれぞれ違った魅力があるキャラクターばかりで最後まで全く飽きることなく見ることができました。




6位:集団左遷

「集団左遷」の評価
  • 平均視聴率:10.3%
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト:★★★★★
  • 演技:★★★★☆
  • 総合満足度:80点

何と言っても福山雅治さん主演ということで注目を集めた「集団左遷」
他の出演陣の豪華さも今期随一でしたし、廃店寸前に追い込まれたスタートからの逆転劇は毎回爽快でした。

ただ正直に言うと先が読めてしまう展開だったためストーリー的には少し物足りないところも。
もちろん文句なしに面白かったのですが、期待を上回るほどではなく、日曜9時の人気時間帯にしては視聴率もあまり伸びなかったですね。

7位:俺のスカート、どこ行った?

「俺のスカート、どこ行った?」の評価
  • 平均視聴率:8.7%
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト:★★★☆☆
  • 演技:★★★☆☆
  • 総合満足度:75点

主演の古田新太さんがゲイで女装家の教師という強烈すぎるキャラクターを演じた「俺のスカート、どこ行った?」
定番の学園モノではあったものの、色々と型破りなストーリーが楽しめました。

生徒役も含めて美男美女が多数出演していたのも魅力的でしたね。
ただ生徒たちの登場頻度が一部に偏っていたので、もう少し満遍なくそれぞれがピックアップされていればより入り込めたのではないかと思いました。

8位:白衣の戦士!

「白衣の戦士!」の評価
  • 平均視聴率:8.7%
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト:★★★☆☆
  • 演技:★★★☆☆
  • 総合満足度:70点

中条あやみさんと水川あさみさんのダブル主演で展開された「白衣の戦士!」
かなりコメディ色が強いストーリーで、飾らないナースたちの描写が好印象でした。

しかし全体的に同じようなストーリー構成が多く、中盤は少しマンネリした印象も…。
また良くも悪くも古臭いノリは好みが分かれたと思いますが、個人的には楽しめました。

9位:パーフェクトワールド

「パーフェクトワールド」の評価
  • 平均視聴率:6.4%
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト:★★★☆☆
  • 演技:★★★☆☆
  • 総合満足度:68点

初恋相手との再会というロマンチックな展開から始まった「パーフェクトワールド」
結構シリアスかつ繊細なストーリーだったので万人ウケはしなかったと思いますが、つい感情移入してしまうほどの純愛ストーリーでした。

特に障がい者の苦労がリアルに表現された演出がとても印象的で、視聴者も色々考えさせられる内容です。
山本美月さんと松坂桃李さんの二人が度々壁を乗り越えていくところは涙をこらえきれませんでした。

10位:家政夫のミタゾノseason3

「家政夫のミタゾノseason3」の評価
  • 平均視聴率:6.7%
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト:★★☆☆☆
  • 演技:★★★☆☆
  • 総合満足度:65点

ラストの10位にランクインしたのは「家政夫のミタゾノseason3」です!
松岡昌宏さんが最恐家政夫を演じるお馴染みの人気シリーズですね。

今シーズンは新たに伊野尾慧さんと川栄李奈さんが仲間に加わり、毎回のゲストも個性派ばかり。
目新しさには欠けるものの、安定して視聴者を裏切らない面白さでした。