時効警察はじめました|2話のロケ地!総武警察署・日下部の自宅の場所は?

2019年10月18日(金)に放送された「時効警察はじめました」の2話。この記事ではそこに登場したロケ地・撮影場所を紹介していきます!

「時効警察はじめました」の各シーンに登場したロケ地を紹介していくわよ!
おなじみの場所はもちろん、今回登場した細かいスポットもまとめていくわ。

首都圏以外にも色んな場所で撮影されているからもしかしたら近場にもロケ地があるかも!
興味があったらチェックしてみてね。




「時効警察はじめました」メインのロケ地!

総武警察署は昭和電工 川崎事務所

「昭和電工 川崎事務所(神奈川県川崎市川崎区扇町2-2)」の画像検索結果

オダギリジョーさん演じる霧山修一朗たちが所属している総武警察署のロケ地は昭和電工 川崎事務所。

個性豊かなメンバーが揃っている変わった警察署ですね。

・住所:神奈川県川崎市川崎区扇町2-2

・アクセス:京急川崎駅からバスで15分

【時効警察はじめました】メインのロケ地
・総武警察署
昭和電工 川崎事務所(神奈川県川崎市川崎区扇町2-2)

「時効警察はじめました」2話のロケ地!

日下部秋斗の自宅はカプリ葉山館

今回ゲスト出演した向井理さん演じる日下部秋斗の自宅のロケ地はカプリ葉山館。

大人気のミステリー作家でしたが、いつも変わった衣装に身を包み、性格もかなり派手な雰囲気でした。

今回調査していた事件はこの自宅で起きた日下部の父親の殺害事件でしたね。

・住所:神奈川県三浦郡葉山町堀内541番

・アクセス:新逗子駅からバスで7分

水車がある場所は寺家ふるさと村

「寺家ふるさと村 水車」の画像検索結果

日下部が事件に利用した水車があ流のは寺家ふるさと村。

この水車を利用して凶器のナイフを部屋の外に引っ張り出す手筈になっていましたが、仕掛けはちょっと失敗していたようです。

・住所:神奈川県横浜市青葉区寺家町414番

・アクセス:青葉台駅からバスで13分

【時効警察はじめました】2話のロケ地
・日下部秋斗の自宅
カプリ葉山館(神奈川県三浦郡葉山町堀内541番)

・水車がある場所
寺家ふるさと村(神奈川県横浜市青葉区寺家町414番)

「時効警察はじめました」他の回のロケ地はこちら

時効警察はじめました |ロケ地まとめはこちら!

「時効警察はじめました」を見逃した・もう一度見たいあなたへ!

「時効警察はじめました」を見ている人の中で

  • 楽しみにしていたのに見逃した
  • 面白かったもう一度見たい
  • 途中から見始めたけど1話から見たい

という人はたくさんいると思いますが、そんな人におすすめなのが「ビデオパス」!上のようにメリットがたくさんある、数あるVOD(ビデオオンデマンド)の中でも特に人気があるサービスです。

しかも今なら1ヶ月間の無料体験期間があるので誰でもお試し可能!もちろん見逃したドラマを見た後でも期間内に解約すればお金はかかりません!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。